HOME > 耳寄り最新情報一覧 > 気分障害2

最新情報一覧

2014.10.29

気分障害2

鬱症は、情志が損なわれ肝気が鬱血し、五臓の気機が次第に調和を失って発症すると考えられます。主に肝・心・脾の三蔵が損傷し、気血が失調することによって病が起こる考え方があります。
近年、男性更年期障害という言葉が定着してきましたが、抑うつ症状が現れます。男女の生理・病理を考えると、女性は肝を先天とし、男性は腎を先天とする説があります。腎は精を貯蔵する大切な臓腑であり、加齢とともに発症する男性更年期障害にみられる精力減退・無精子・遺精・滑精・陽瘻などいずれも腎精と密接に関係します。よって腎精虚損により発生する鬱症が考えられます。

前のページに戻る