HOME > 耳寄り最新情報一覧 > 血行不順が様々なトラブルを全身に引き起こします

最新情報一覧

2013.02.11

血行不順が様々なトラブルを全身に引き起こします

 瘀血・・・。ちょっと耳慣れない言葉ですが、漢方の世界では健康のキーポイント
ともいえる大切な考え方です。正常な血液はサラサラとして、滞りなく全身に
巡ります。体のすみずみまで栄養を与え、私たちの健康を支えてくれます。
ところが、何らかの原因によって、血液の粘度が高くなると、サラサラとして
きれいな血液が、どす黒く粘りを増した状態になってしまうことがあります。
 こうなると、今までスムーズに流れていた血液の流れが悪くなり、体の
様々なところで淀みや渋滞を起こすようになります。自然の川も、水が澄んで
いれば停滞は起こりませんが、濁った汚れた川ではヘドロなどが溜まり、
流れにくくなります。これが瘀血です。つまり、体の中に血液が正常に流れ
なくなってしまうのです。
 瘀血が発生すると、体の中の至る所で痛みが起こったり、皮膚の色が
黒ずんできたり、皮膚がザラザラしたり、と様々な症状が出てくるようになります。
女性であれば月経血に塊が混じったりします。人間にとってかけがえのない
血液ですが、場合によっては健康を損なうもとになるものなのです。
 さらに瘀血の状態が進行していくと、血管の老化が進み、高血圧や心疾患、
肝臓疾患など、様々な生活習慣病へと移行することもあります。病気に
つながりやすいドロドロ淀んだ血液を、サラサラ流れるきれいな血液に変える・・。
特に中高年の方にとって、瘀血を改善することがみずみずしい体を回復する
最良の方法なのです。                        次回につづく

前のページに戻る